いつでもきれいな部屋にしよう。収納を上手に行う豆知識

収納を知る
習慣で収納を考える
新しい収納の考え方
お買い物のコツ
掃除から収納を考える
収納、衣替えの歴史
収納をデザインする
衣替えについて
空間ごとの収納
クローゼット
玄関
寝室
リビング
キッチン
バス
トイレ
洗面所
物別収納術
本棚
壁面家具
衣類
おもちゃ
布団
季節物
お仕事でも使える収納
カバン整理
デスクの上を収納
書類収納
収納に関するあれこれ
旅行でも収納
お気に入りのコレクション収納
節約収納
収納の資格
収納のサービス

物別収納術

おもちゃ

お子さんが居るご家庭には必ずおもちゃがあるかと思います。おもちゃは大きさは小さい物から大きなものまで様々で、色も明るい色が多いため散乱していると色や大きさの影響で余計に散らかっているように見えてしまいます。そんなおもちゃの収納についてお話をして参ります。

おもちゃ箱に収納をしてみてもおもちゃは様々な種類があるかと思います。ぬいぐるみやプラスティックのおもちゃ、大きさも形状も多種多様にあります。なので一度おもちゃ箱から出てしまうと片付ける時にも工夫が必要になっていきます。

お子さんでも片付けられるおもちゃの収納を考えてみましょう。現在お家にあるおもちゃがどれがどのくらいあるのかを把握してみましょう。全てのおもちゃが把握できましたら、その種類別に大まかに分けてみましょう。

例えばぬいぐるみなどの柔らかいおもちゃやプラスティックの固いおもちゃなどです。分けることが出来ましたら簡単なおもちゃ棚スペースを確保しましょう。そして種類ごとに無地のボックスなどに分けておもちゃ棚に収納しましょう。

ボックスは半透明の様な物ではないものにしましょう。色も統一してどの種類かはっべつが付くようにラベルを貼っておくと良いでしょう。細かいおもちゃも同様に袋などで分けておきますとお子さんが使う時も片付ける時も一層便利になります。

様々な色のおもちゃを一色単に収納するよりもボックスの色を統一して収納場所を決めてしまえば、それだけでもお部屋がスッキリします。またお子さんが大きくなって使用しなくなり処分する際にも種類ごとに分けておけば処分もスムーズに行うことが出来ます。

Copyright (C)収納を上手に行う豆知識 いつでもきれいな部屋にしよう。 All Rights Reserved